短期間でのバストアップならサプリとクリームの併用が効果的

短期間で手軽にバストアップさせる方法はないのかというと、バストを形成している脂肪を増やす効果を高めるために有効成分を豊富配合したクリームがあります。

 

マッサージしながら塗り込むことで、早い人なら約1か月で効果が実感できると言われています。

 

さらにサポートアイテムとしてサプリメントも併用すれば、体の中からたるんだ細胞を若返らせることができます。体の外と内からケアをすることでたるみや貧弱なバストの悩みを改善することができます。

 

エイジングケアが必要なのはフェイスだけではありません。バストも加齢とともに年々老化しているのです。下着のサイズが変わらないとあまり気にしないかもしれません。

 

アンダーバストが大きくなってブラジャーのカップ数が小さくなったらたるみが進んでいます。矯正下着なら一瞬で形の良いバストを実現できますが、付け焼刃にすぎません。継続して美しいバストラインを維持するには根本から改善することが必要です。

 

 

確実な豊胸手術がいいといっても・・・

バストアップを短期間で実現する確かな方法のひとつに美容整形があります。注射によってヒアルロン酸の注入をしたり、人工乳腺バッグを手術によって挿入したりすれば確実に若々しいバストを再現することができます。

 

ほとんどの場合、健康保険適用外の施術となりますので、これらの方法の特徴は費用がかかるということです。その上、永久的ではありませんので定期的なチェックが欠かせませんし、再手術となればさらに費用が必要です。

 

お手軽簡単なエクササイズしかし・・・

お金をかけずに自分の力で何とかしたいというのならバストアップに効果的なエクササイズがあります。バストがたるむ原因のひとつに大胸筋の劣化が考えられていることから、集中的に筋力を鍛えることで支える力を回復させるのが狙いです。

 

一番簡単なのは腕立て伏せで、他にはダンベルや専用マシンを利用した方法もあります。筋力トレーニングは毎日する必要はないのですが、効果が現れるまでには数か月が必要です。
ただ、支える力がアップするだけで、バストのボリュームをアップさせることはできません。

 


結論!!短期間でバストアップなら、クリームとサプリの併用が断然効果も早い!

貧乳、胸が小さめの女性は、「ペチャパイ」とか、「貧乳」とか、からかわれることがあるかと思います。軽い気持ちでからかわれても、実はかなりショックだった、ということもありますよね。

 

ただ、十代の成長期を過ぎても、バストアップをすることは可能です!

 

そのためには、正しいバストアップの方法を学ばなければなりません。

 

正しいバストアップの方法は、ひとつではなく、何通りもあります。

 

たとえば、

 

 

・体内の女性ホルモンを整える。

 

・身体のゆがみ、姿勢を整える。

 

・胸の乳腺の量を増やすために行動する。

 

・ブラを正しく装着する。

 

といった、体内を整えることから、姿勢を整える等のささいな行動でも、バストアップに効果的な場合があります。例えば、今すぐ出来ることをひとつ挙げると、「バストを理想的な位置で安定させる」ことです。

 

そのためには、肩甲骨まわりの筋肉を意識しなければなりません。「肩甲骨まわり」の筋肉というのは、小胸筋(胸部の筋肉)とつながっています。そして、この辺りの筋肉の位置が正しくなければ、「垂れ気味のバスト」になったり、血液、リンパの流れが悪くなり、胸部に栄養が行き渡らない→乳腺が発達しない→胸が膨らまない、という流れになってしまいます。

 

バストサイズのアップというのは、正しい手順、正しい論理で行えば、すぐに、とは言いませんが、ある程度短期間で効果が発揮されます。ですので、「ペチャパイ」だと諦める前に、まずバストアップのための行動をしてみて下さい。

 

 

短期間で効果を発揮させるためには、やはりクリームとサプリの併用が断然効果も早いです。


あわせて読みたいバストアップに関する記事

胸が大きく将来、バストが垂れないか心配する20代後半から30代女性必見!

 

昔と比べて胸のハリ・弾力がなくなってきた。

 

もしかしたら将来胸の形が崩れ垂れてくるか心配なので今から対策しておきたい。

 

そんなあなたにおすすめの対策はこちら⇒たるみが気になるバストに効果的な対策


更新履歴